2006年10月27日

「いい人」

????Ь.jpg
人気blogランキングへ


「いい人」 を 演じている、限り

あなたは、奴隷。です

自分の人生の、主人公に なり得ない。

大昔に、身につけた 自己防衛の手段

もうすでに、必要の無くなった もの
握りしめているのは、愚か ・ 無明

いちばん たいせつなのは、自分自身
で、あればこその 選択。だったハズ

・・・ 奴隷。 は 可哀そう 

「いい人」を演じることを止めたなら

「思いやりの ひと」 に なれる。



人気blogランキングへ

■あなた応援!無料個性診断コーチング「あなたの強み・弱みを知る」

http://blogs.yahoo.co.jp/fuuunsui
(風雲水の あくび)
posted by 風雲水 at 03:36| Comment(12) | TrackBack(0) | 人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「いい人」 を 演じている、限り あなたは、奴隷。です

心臓にグサッ って何となく・・・

でも きっと 軽症カナ・・・

以前のわたし かなり重症 デス・・・


Posted by 時 at 2006年10月27日 06:05
本当の事ですね・・・時代は本当の事語る時にきてるんでしょうね・・・笑。
Posted by manaby at 2006年10月27日 09:43
いい人を演じるのは抜け出したと思います…。
特に自分にとって大切な人に対しては。

Posted by えてきち at 2006年10月27日 10:48
自分自身が求めているのも「いい人」では無い・・・
あえて 厳しい事を言ってくれる人が自分にとっても大切な人。
そこに愛を感じるから。
私も そんな人になりたいです。
Posted by サッチモ at 2006年10月27日 10:53
仰るとおりだと思います。
「いい人」を演じていると疲れてもきますよね。
「いい人」よりも「思いやり」の持てる人
になりたいですね。
Posted by yumika at 2006年10月27日 19:20
ギクっとしちゃいます^^;
いい人というより
嫌われるのを恐れてるんじゃないかと
思うときがあります^^;
ある意味、それも無意味で
気のあった本当の友人を残すなら
嫌われる事を恐れることもないんじゃないかと
思うこの頃です
Posted by Yucari.N at 2006年10月28日 00:50
このお言葉頂いてゆきますm(__)m
Posted by Yucari.N at 2006年10月28日 03:10
時 さん>

あなたの、その感性は 財産。です


manaby さん >

そうですね、真理 は ひとつ
なんやから


えてきち サン>

相手のこと思いやるとき・・・
それは もう「愛」やね


サッチモさん >

そうやね、
そこに 愛。があるかどうか
ですね


yumikaさん >

不必要な、防衛機制 外したら
どんなにか、思いやりのひと
で、あれる よね


Yucari.Nさん >

そうね、気をつかう。という
自分の都合 やめたなら
思いやりのひと。であれます ネ
Posted by 風雲水 at 2006年10月28日 16:41
いい人を演じる事さえ出来ない私・・でも、思い遣りの人になりたいです。あきらめないで生きます。
Posted by ひまわり at 2006年10月29日 02:11
ひまわりサン >

なるほどナ ・・・
意識して、演じられるのなら ヒロインや

気づかぬうちに、習慣化させてしまった
自己防衛手段
いまはもう、必要が無いンだ!
と、目覚めた瞬間

あなたは、
思いやりのひと で あれるでしょう。
Posted by 風雲水 at 2006年10月29日 02:20
 以前に 以下の五行詩を書きました。

「いい人になんて
 ならなくていい
 優しい人になんて
 ならなくていい
 演じるより 生きる」


風雲水さんの言の葉を聞いたとき
以前のこの詩を思いだしました。
そう、演じる 奴隷より
わが身を活かせ
生きるということです ね。

寿
Posted by 寿 at 2006年10月30日 13:50
寿 さん >

不要な怖れと、罪悪感を捨てたなら
もとの素敵な 愛。の ひと

ともに精進して参りましょう
Posted by 風雲水 at 2006年10月31日 03:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。