2008年12月16日

知って、行う

講演会を聴きに出かけました
講師自身が泣きながら訴えかけ、聴衆の多くが涙するという、
熱い講演会でした

企業とマスメディアのエゴと保身から大量の有害物質が日常生活に蔓延していること
その有害性の限界を測る為の動物実験で無数の小動物が虐殺されていること

我々が、いかに無知であるか、と、知ることの大切さを語り
その上で、
この、涙までした感動の話でさえ、
三日後には殆んど忘れ去られている
であろうことを予言?され

最後に陽明学の
『知行合一』
を説いて講演を締め括られました




私は、すぐに行動に移せることを
ひとつだけ、決意させていただきました。

posted by 風雲水 at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。