2008年10月20日

Tさんへのメール


四時間の個人面談の後に頂いた、お礼と質問のメールへの返信です。
Tさんは、数十人のチームを束ねるリーダーで、人望もあり
お仲間からは、明るく前向きで他人との会話や交流が大好きな人
と評価されていて、
近々、幾つかのチームを統率する役割に抜擢される可能性が高いのです
たしかに、明朗で肯定的、共感性や感受性も高い方。なのですが
じつは、コミュニケーションの構造分析からすると、
会話性・交流性がかなり低い「個性」なのです。

そして、リーダー・シップを発揮するとは
あたかも、肝っ玉母さんが如くに
ガアガアと他人を巻き込んでいくことだ
と勘違い・思い込んでおられ
わたしには向いていないのではないか・・・
というテーマに関する面談でした。

リーダー・シップとは<影響力>であり
カリスマとリーダー・シップとは直接関係無い!とお伝えしました。

面談の後頂いたメールには、
ほんとうは、
会議に出ることがイヤでイヤで、できれば欠席したいと思うのです
でも、毎回、会議が終わったあとには なぜか満足感を感じている
・・・この自己矛盾はどうしたものでしょか!?というものでした。

<<Tさんへのメール>>

Tさん
ほんとうに、あっという間の数時間 でしたね
霊的時間と時計時間の流れのギャップを感じることの多いこの頃です。
Tさんのお心づかい、たいへんありがたく感じています。

回答になるかどうか・・・
緒形拳さん、亡くなられました。宇野重吉とか・・・好きやったなあ・・・

緒形さんがどうであったかは存じませんが
役者・芸能人の多くの方が「あがり・緊張症」であることご存知ですか
(ノーベル賞の学者先生方も、とても、会話性・交流性が高いとは
感じられませんよね)
舞台の直前まで、
出来ることなら逃げ出したい<きぶん>なのだそうです
あとは、覚悟を決めて、なりきって・・・ただひたすら・・・
その<目的>と<使命>に徹する
そして、演じきったあとの充実感は
コトバには表しようのないもの・・・らしいのです
(中略)
Tさんの Tさんらしい、ご活躍をお祈りいたします

風雲水

* 電子メールでの無料コーチングも行っています
posted by 風雲水 at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。