2008年09月29日

「かんぺき」な思い込み

ある企業で7名の方々のグループコーチングをさせていただく機会がありました
その日のテーマは、
私たちが 
色々な出来事、物事に対して固定観念・既成概念で
自動反応をしていて

あたりまえ、常識・・・と捉えていることが 
いかに覚束ないものであるかというものでした

喩え話をするために、
みなさんに
カンペキという字を漢字で書くことをリクエストしてみました

7人全員の方が 
かんぺきに?「完壁」と書き記されました
かんぺき!でしょうか・・・

みなさんは大丈夫・・・ですよね
正解は「完璧」
完璧とは、傷の無い宝石 という意味らしいですね

へえ〜、そういえば先だってメールをしているときに
なんとなく違和感が・・・といいながら
あらためてケイタイ電話を開いてメール作成欄で文字変換

ええ〜、完璧は完璧に「完璧」しかないのですか!?
完壁はカンペキで、古い書体で「完璧」という使い方もあるのかと
カンペキに 思い込んでいました!!
・・・というのである

初めて、「完壁」がカンペキに
勘違い・間違いであることに気づかれたのです

わたしたちは、
いま、もし何かしら思い通りに運ばない事があるとするならば

それは、その何かを
<知らない>から・・・ではなく

その何かに対して完璧に?
<思い込み>や<勘違い>をしているから・・・
ということがあるのかもしれませんね
posted by 風雲水 at 16:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりにカキコします(^O^)
確かに、完壁と完璧…してやられました(*_*)

これからも殻を破って新鮮な気持ちを忘れずに頑張りますo(^-^)o
Posted by かずや at 2008年10月02日 12:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107319557

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。